ダニ対策

レイコップは畳のダニにも使える?正しい対策方法を徹底解説!

「レイコップは畳にも使えるの?」
「畳のダニ対策方法を知りたい!」
という方にむけてまとめました。

<今回のポイント>
・レイコップは畳に使えない
・UVランプでは奥まで届かない
・奥まで届くダニ対策が必要

公式サイトも推奨していなかったので
レイコップを畳に使うのは
おすすめしません。

どうしても畳をダニ対策したい方は
別の方法を探しましょう。

畳にレイコップは推奨されていない

レイコップ公式サイトによると
畳への使用は推奨されていません。

床や畳にも使用できますか?
かたい床や畳には使用しないでください。床、畳や本体を傷つける恐れがあります。

引用:レイコップ公式サイト

畳にレイコップは

使わないようにしましょう。

もちろん、使えないことはないと思いますが
畳を傷つける恐れがあるそうです。

畳にレイコップが無理な理由

畳にレイコップは無理です。

なぜなら、レイコップは
”表面にしか効果がない”から。

なぜか?ポイントは3つ。

<ポイント>
・畳には奥行きがある
・レイコップはUVランプを使う
・UVランプは奥のダニにまで届かない

それぞれ解説します!

畳には奥行きがある

畳には奥行きがあります。

なぜなら、畳は繊維でできているから。

繊維で構成されているので
その隙間にダニが入り込むことができます。

さすがにフローリングであれば
奥行きはありませんが、畳は別。

レイコップはUVランプを使う

レイコップはUVランプを照射して
ダニ対策できます。

しかし、問題なのはUVランプが
”表面にしか届かない”こと。

表面で吸収されて、奥までは届きません。

なので、畳などの奥行きがあるものに
レイコップは不向き。

奥までダニ対策する方法は?

奥までダニ対策するには
超音波がおすすめ。

なぜなら、超音波には
貫通能力があるから。

先ほどお伝えしたとおり、
UVランプのような紫外線だと
表面に吸収されてしまいます。

ですが、超音波であれば物理的な壁を
超えて作用するため奥のダニまで
対策することが可能です。

本当に超音波は貫通するの?という方は
こちらのツイートをご覧ください。

とあるメーカーのツイートですが
超音波は奥深くにも効果があると述べています。

超音波なら貫通能力があるので
畳にも効果はでるはず。

畳の正しいダニ対策の3ステップ

畳の正しいダニ対策がこちら。

1.ダニを殺す
2.ダニを吸う
3.ダニの予防をする

それぞれ解説します!

ダニを殺す

ダニ対策のファーストステップは
まず殺すこと!

生きたダニは繊維にしがみついて
吸いこめないため、まずは
殺さなければなりません。

ダニを吸う

ダニ対策の2ステップ目は
ダニを吸うこと!

死んだダニを吸い込みましょう。

死んだダニならふつうの掃除機でも
十分吸えると思います。

ダニの予防をする

ダニ対策の最後は予防すること!

市販で売ってるダニスプレーなどで
ダニが嫌いな香りをまくといいです。

ただし、薬剤が苦手だったり
敏感肌な人は肌が荒れる可能性があります。

最初は一気に噴射せず、
ワンプッシュだけ試してみるなど
少しずつ使ってみましょう。

畳のダニ対策なら超音波がおすすめ

畳をダニ対策するなら
超音波を検討してみましょう。

UVランプは表面効果だけなので
徹底的な対策ができません。

また、乾燥機にかけるにしては
畳は大きすぎます。

コインランドリーも使えない。

なので畳のダニ対策は超音波がおすすめ。

-ダニ対策

© 2022 ヴェーダヴィ ジンジャーペーストの口コミは?実際に購入レビュー!