ダニ対策

ダニクリンの効果は?気になるメリットデメリットを徹底調査!

「ダニクリンって本当に効果あるの?」
という方に向けてまとめました!

<今回のポイント>
・予防策としては効果あり
・ダニを殺すことはできない
・駆逐→吸引→予防の流れが重要

よくある勘違いですが
ダニスプレーは基本的に
ダニを殺すものではありません。

あくまで予防策なので正しく使いましょう。

ダニクリンの口コミからみる効果

ダニクリンの口コミがこちら!

使用前よりアトピーが悪化、体中が痒くてたまらない。アトピーではない家族もダニ刺されまくりです。お話しにならない。買わなきゃ良かったです。

引用:Amazon

無香タイプとありますが薬品のにおいがします。使用してみて効果は感じません。ムズムズ感は使用前と変わりがなく、完全になくなるわけではありませんでした。
1日目に効果なしだったので連続して2日目にもスプレーしましたが、やはりムズムズしているので騙された感があります。もう2度と購入はしません。

引用:Amazon

効果がありませんでした。むしろしめってダニが増えた気がしました。残念です。

引用:Amazon

口コミをみると、

なぜか悪化してしまった人もいるみたい。

ダニクリンのメリット

ダニクリンの良いところは?

<メリット>
・価格が安い
・ダニを寄せ付けない
・スプレーをかけるだけでいい

それぞれ解説します!

価格が安い

ダニクリンは価格が安いのがメリット。

1,000円以内で買えるので
お財布に優しい!

他をみれば
布団乾燥機や布団クリーナーなど、
ダニ対策にはもっと高額な家電もあります。

それらと比べれば、ダニクリンは安い。

ダニを寄せ付けない

ダニクリンは
ダニを寄せ付けないのがメリット。

衣類の予防策になる!

話によると、
ダニが表に出てこないようにして
エサを食べさせないようにするらしいです。

スプレーをかけるだけでいい

ダニクリンはかけるだけなのがメリット。

シュッとするだけなので
作業がとにかく楽チン!

毎日ケアしても苦になりません。

ダニクリンのデメリット

ダニクリンの悪いところは?

<デメリット>
・ダニを殺すことはできない
・あらかじめ駆除が必要
・カビが心配

それぞれ解説します!

ダニを殺すことはできない

ダニクリンは殺せないのがデメリット。

ダニに直接ダメージを与えられない!

あくまで予防策なので
完全にダニを駆逐するなら
別の対策が必要です。

あらかじめ駆除が必要

ダニクリンは不完全なのがデメリット。

別途、あらかじめ駆除が必要です。

先ほどもいったとおり、
ダニクリンは予防策なので
先に駆除しなければなりません。

カビが心配

ダニクリンは
カビが心配なのがデメリット。

スプレーなので湿気がたまる!

かけすぎたり乾燥を怠ると
カビの発生するかも。

ダニクリンで予防だけしても効果なし?

やはり、ダニ対策は
予防だけしても意味がありません。

まずは殺す必要があるので
「駆逐→吸引→予防」という流れが適切です。

そのうちの1つがダニクリン。

スプレーだけで完全なダニ対策ができる
とは思わないほうがいいでしょう。

まずはダニ駆除をしよう!

ダニ駆除の方法には
どんな方法があるのでしょうか?

たとえば、、、

<ダニの駆除方法>
・シートを設置
・紫外線を照射
・超音波を浴びせる

他にも、乾燥機で
温風を当てるなどがあります。

-ダニ対策

© 2022 ヴェーダヴィ ジンジャーペーストの口コミは?実際に購入レビュー!