ダニ対策

ダニアースの人体への影響は?危険性はあるのか徹底調査!

ダニアースって危険?使っても問題ない?
という方に向けてまとめました。

<今回のポイント>
・ダニアースは安全とは言い切れない
・じんま疹が出たという口コミあり
・敏感肌の人は注意しよう

下手すると今よりも
肌が悪化する恐れもあるので
敏感肌の方は気をつけましょう。

ダニアースの危険性を口コミから調査!

ダニアースは使っても本当に大丈夫なのか?

結論、100%安全とは言いきれない。

安全と言いきれない理由として、
口コミにはじんま疹が出たという
ネガティブなコメントが。。

私の場合、まさにその少数のじんま疹が出たという症状が出てしまいました。とにかく使用後、両太ももに猛烈な痒みが出てきてかきむしりました。最初は大量のダニに刺されたのかと思い、さらに布団にスプレーをかけてしまい、じんま疹がさらに悪化してしまいました。両太ももには大きなみみず腫れのようなものができています。とにかく痒くて堪らない!!他の方のレビューではじんま疹が1ヶ月以上治らなかったと書いてあるので自分もそうなのかと思い読んでて、ゾッとしました。

引用:Amazon

この方はダニアースを使った結果

じんま疹が出たようです。

公式サイトには"肌刺激テスト済み"という
記載がありますが、必ずしもすべての人が
安心して使えるわけではなさそう。

ダニアースに含まれる成分は?

ダニアースに含まれる成分は
フェノトリンです。

出典:アース製薬

 

ダニアースの人体への影響は?

ダニアース に含まれるフェノトリンは
人体に悪影響があるのか?

アース製薬の公式サイトによると、
フェノトリンは人体に対する
安全性は高いようです。

ピレスロイド系の殺虫成分は、虫の神経系に作用して殺虫効果を示すものです。しかし、人を含む哺乳動物に対しては、分解酵素の働きで速やかに代謝され、尿などで短期間に体内から排出されてしまいます。そのため、人を含む哺乳動物には安全性が高いといえます。

引用:アース製薬

公式サイトの情報なので信用性は高め。

ただし、先ほどの蕁麻疹の件もあるので
だれにでもおすすめできるか?
というと微妙です。

少なくとも、敏感肌の人は
使う際にかなり気を遣う必要ありなので
よく考えてから注文した方が良さそうです。

猫がいる場合は要注意!

猫がいる場合、
ダニアースは控えたほうがよさそう。

とある病院サイトの情報によると、、、

猫ではd-フェノトリ ンに対する感受性が高いと考えられています。フェノトリンを含むピレスロイド系薬品は猫に危険であることを知っておいてください。

引用:壱岐動物病院

病院サイトが注意喚起をしています。

やはり、猫がいる場合は
ダニアースの使用はやめたほうがよさそう。

また、アメリカではd-フェノトリンを含む
猫用商品が撤廃されたそうです。

アメリカの「国立殺虫剤情報センター」(NPIC)が公開しているフェノトリンに関する情報によると、「特に猫はd-フェノトリンに対する感受性が高いと考えられる。神経毒症状としては、スポット式商品を使用した後の震え、過剰な流涎、発作などが報告されている。結果として2005年、d-フェノトリンを含む猫用商品は全て撤廃された」とあります。

引用:子猫のへや

特に、猫は自分の毛を舐める習性があるので

スプレーを直接かけなかったとしても
間接的に舐めてしまうかもしれません。

猫を飼っている方は注意しましょう。

薬剤を使わない安全なダニ対策は?

薬剤を使わないダニ対策は
こんなものがあります。

<薬剤不使用のダニ対策>
・温風を使う
・紫外線を使う
・超音波を使う

薬剤の影響が不安ならば
これらの方法でダニ対策するのがおすすめ。

-ダニ対策

© 2022 ヴェーダヴィ ジンジャーペーストの口コミは?実際に購入レビュー!