その他

本を読まないけど頭いい人の特徴!リスニングがアホほど得意?

読書家じゃないのに頭いいって羨ましい!

・本を読まなくても頭いい人っているよね
・なんであの人らは頭がいいんだろう
・理由を知りたい!

という方は是非ご覧ください。

本を読まないキレ者

本を読まない人ってどういうイメージがありますか?

一般的に"読書家=頭が良い"というイメージがありますね。

ですが、読書しないのに天才だな〜!と思う人もいます。

・読書しないけど現代文が得意
・読書しないけど話すスピードが早い
・読書しないけどわかりやすく説明するのがうまい

なぜ本を読まないのに能力高いんだろう?と羨ましくなります。

非読書家で頭いい人の特徴

読書家じゃないのに頭がいい人の特徴を考えてみました。

・リスニングがアホほど得意
・人との交流が好き
・相手の意図をくむ意識を常に持っている

■リスニングがアホほど得意
非読書家で頭がいい人は、リスニングが強い。リスニングというと英語が思い浮かびますが、英語に限らず日本語も。きっと、幼い頃からコミュニケーションをたくさん取ってきたのでしょう。

■人との交流が好き
本を読まないキレ者は、人との交流が多い。息を吸うように人と喋り、コミュニケーションも慣れてて賢く見えます。

■相手の意図をくむ意識を常に持っている
聞き取りの天才は相手ファースト。自分が喋っている時も意識は相手の心にあります。

あなたは本を読むべきか?

本を読むべきかどうか?は人によると思います。

でもあえて2パターンに分けると、、、

本を読むべき人→テキストのインプットが強い人
本を読むべきじゃない人→聞き取りがSランクで人との交流が好きな人

人とのコミュニケーションが苦手でテキストが得意な人は、本をたくさん読んだ方がそこから興味関心を広げやすい。

逆に聞き取りが得意でコミュニケーション大好きな人は、色んな人とたくさん喋った方が視野が広がる。

偏りがなくどちらもできる人は、本を読み、さらに人とも交流すればいいと思います。

ちなみに僕は、時期によってタイプが変わるので、読書したい時期はたくさん読むし、人と交流したい時期はたくさん人と喋ります。

・「読書」で経験値アップ
・「人との交流」で経験値アップ
・「両パターン」で経験値アップ

ともかく、興味関心を広げやすい方針を取るのがベストだと思います。

-その他

© 2022 ヴェーダヴィ ジンジャーペーストの口コミは?実際に購入レビュー!