その他

もう頑張れない助けて・・・と心底思っていた中学時代

もう頑張れない助けて・・・という時ありますよね。

今回は僕の中学時代に受けていたいじめについて綴ります。

中学時代のいじめはバスケ部で

中学生の頃、僕はバスケ部でした。

最初は同級生と仲良しだったが・・・

入部したては同級生と仲良し。

共に先輩からきつい練習メニューを与えられ、嫌な先輩の悪口を共有して、同級生との絆は深いように思いました。

でも2年目あたりから様子が変わってきた。

多汗症が原因で、肩パンを食らうように

僕は多汗症で、緊張してないのに手が汗で濡れるという症状がありました。

そのせいでボールが濡れ、味方がキャッチミス。

最初はいじられる程度だったものの、だんだんエスカレート。

部活にいけば必ず肩パンを食らう"ストレスのはけ口ポジション"にされていきました。

日常にもいじめが浸透

いじめは部活だけでなく、日常にまで。

教室で口にガムテープを貼られたり、母から買ってもらった新品の筆箱に落書きされたり。

◯◯に告白しに行けなど、強い口調で命令され、抵抗もできず言いなり状態でした。

先生がいじめに気づくが・・・

ある日、先生がいじめに気づきました。

いじめっこと僕と先生の3人で話し合うことになりました。

しかし、その頃には時すでに遅し。

僕は心を完全に見失い、感情はスイッチOFF。

死んだ目で何も言わずに面談の場から去りました。

いじめは根本解決せず

結局、いじめは根本解決されることなく月日が経ちました。

早く卒業してこの苦しみから解放されたい・・・その一心で学校生活を辛抱していました。

原因は相談相手がいなかったこと?

いじめを受けていたあの時の自分には、何が必要だったのか?

どうすれば解決したのか?

僕の失敗原因は、相談相手がいなかったことだと思います。

もしあのとき相談相手が1人でもいれば、いじめのエスカレートに軌道修正がかかったかもしれません。

当時の僕は、気軽に本音を打ち明けられる友だちもいませんでしたし、家に帰って親に学校生活のことを話す習慣もありませんでした。

それこそ、いじめの件を親に相談するなんてできませんでした。

「部活の同級生に肩パンされてしんどいんだよね」

なんて口が裂けても言えませんでした。そんなのダサいと思ってましたし。

完全に心がオフになる前に

友人でも親でもいい。

自分の深い苦しみを打ち明けられる人がいたら、助かったはず。

完全に心がオフになる前に、少しの勇気で打ち明けられれば状況は変わったと思います。

-その他

© 2022 ヴェーダヴィ ジンジャーペーストの口コミは?実際に購入レビュー!