ダニ対策

布団クリーナーがいらない3つの理由とは?欠点解消アイテムもご紹介!

「布団クリーナーいらないかも」
「こうゆうときってどうすれば?」
という方にむけてまとめました。

<布団クリーナーの欠点>
・めっちゃ重たい
・意外と吸わない
・紫外線の効果薄い

使ってみると意外と融通きかない!
ていうことありますよね。

今回はそんなデメリットを
解消するアイテムもご紹介します。

布団クリーナーがいらない3つの理由

布団クリーナーがいらない理由がこちら。

<いらない理由>
・重たい
・吸わない
・紫外線の効果が薄い

それぞれ解説します!

重たい

布団クリーナーは重たいのがデメリット。

結構、手が疲れる!

種類にもよりますが、
レイコップなら2kg〜3kgあります。

レイコップの口コミにも
ネガティブなコメントが。

女性からみると、重い。片手で操作するのでもう少し軽いほうがベスト。

Amazon

掃除は人によっては毎日するものなので
できるだけ軽くてラクな方がいい。

吸わない

布団クリーナーは案外
吸わないのがデメリット。

ダイソンと比べて全然吸わない!

どれくらい吸わないのか?比べると、、、

<吸引力の比較>
ダイソンV8:115W
レイコップRS:65.1W

数字でみても倍近く違います。

ちなみに、この数字は
”吸引仕事率”という指標で、
掃除機がゴミやホコリを吸い込む能力を
ワットで示したものです。

吸引力求む!という方には
レイコップは向いていません。

紫外線の効果が薄い

布団クリーナーは紫外線の効果が
薄いのがデメリット。

なんかダニ対策が中途半端!

紫外線は表面で吸収されてしまうので
マットレスの奥まで届きません。

表面のダニを駆逐できても
奥のダニは生きているので
ダニ対策としては焼け石に水でしょう。

徹底的にダニ対策したい!という方には
あまりおすすめできません。

布団クリーナーのちょっと残念な点

布団クリーナーにはもう一つ、
残念な点があります。

それは”布団にしか使えない”こと。

布団クリーナーはその名のとおり、
それ専用のものなので、布団以外に
使う仕様になっていません。

服やぬいぐるみのダニ対策で使うにしても
重すぎて気軽にかけられない。。

汎用性がないので
正直、コスパはめっちゃ悪い。

布団クリーナーの欠点解消?凄いアイテムを発見!

布団クリーナーの欠点をみごとに
解消するアイテムを見つけました。

<凄いアイテムの特徴>
・重くない!
・奥までダニ対策できる!
・何にでも使えて汎用性高い!

それがこちらのロボット。

こちらはROCKUBOTというロボ。

このロボの要点をまとめると、、、

・自動で動く
・超音波で奥までダニ対策できる
・軽いから小物にも対策しやすい

他にも、ダニだけではなく
カビ防止や消臭効果、除菌にもなるので
一石何長ですか?という優れもの。

-ダニ対策

© 2022 ヴェーダヴィ ジンジャーペーストの口コミは?実際に購入レビュー!